株リッチプロジェクト評判ってどうなの?3つの理由で分かった稼げる株投資の成功法則とは?
MENU

株リッチプロジェクトで稼げる3つの理由

株リッチプロジェクトで稼げる3つの理由

 

株リッチプロジェクトは株業界で有名な志垣英明さんがプロデュースした
株投資で勝つための低位株売買という投資手法が話題の教材。

 

その投資手法や配信される銘柄リストに再現性があって、
特に初心者で購入する人が続出しているようですね。

 

実際に使った人の感想を見ると「稼げるようになった!」「リストの銘柄で儲けた」
と株リッチプロジェクトの効果を実感している人が多いようですが、
この口コミの株で稼げるというのは本当でしょうか?

 

また、株リッチプロジェクトは他の投資教材とどう違うのでしょうか?

 

株リッチプロジェクトを実際に手に入れて、再現性や効果を調べてみました。

 

 

株リッチプロジェクトの評判はどうで、本当に稼げる教材なのか?

 

株リッチプロジェクトの評判はどうで、本当に稼げる教材なのか?

 

株リッチプロジェクトの評判はかなり高いです。
理由は上記3つの再現性が高く初心者でも何をどうすれば稼げるのかわかるからです。

 

もちろん1番の特徴は同じ銘柄を低い値で買って、高く売る手法にあります。

 

この銘柄リストがあるので、最初から銘柄を探す手間がなく、
指定された株銘柄を調べて売買すればいいだけなんです。

 

投資手法のベースには、志垣さんが25年以上の投資の研究から体系化された
売買スキルの戦略マップと配信リストがあります。

 

戦略マップとは、売買のタイミングが細かく書かれた指南書で、
どの銘柄をどうやって取引するのかが書かれています。

 

配信リストは、文字通り志垣氏が長年儲けを出している銘柄があり、
その銘柄のリストが理由とともに書かれています。

 

 

では実際に株リッチプロジェクトは本当に稼げる教材なのかどうか?
という疑問ですが、

 

その答えは、
「ルールを守ってコツコツやれば稼げる!」
といえます。

 

これは、教材を実際に使ってみて実感できたことです。

 

そこには先ほどの3つの理由があります。

 

1 安い低位株のみを狙うから初期費用が安い!
2 売買のタイミングが初心者でも分かりやすい!
3 銘柄リスト配信で決まった銘柄を取引するので簡単!

 

この3つの理由から、株リッチプロジェクトをちゃんと実践すれば
初心者でも株投資で稼いでいくことが難しくないと実感できました。

 

というのもデータに裏付けされた確実性があるからなんです。

 

根拠もなく「誰でも稼げますよ!」と煽っているのでなくて、
コツコツと取引することで何で稼げるのかが明確にわかるんです。

 

\今なら限定で特典が付いてきます!/

株リッチプロジェクトの公式サイトを見る!

低位株売買で確実に稼ぐなら

 

 

株リッチプロジェクトのデメリットは?

低位株で費用を抑えながら、決められた銘柄を売買するので、
意外なほどリスクも低く、株投資を始めやすい内容なのですが、
ちょっとだけデメリットというものもあります。

 

それは、株リッチプロジェクトに付いてくる返金保証制度です。

 

これは成果が出なかった場合には教材の代金を返金するというものですが、
その返金対象の期間が40日間と短いのです。

 

ただ、短いとは言っても、40日間で取引する回数はけっこうあるので、
毎日少しでも作業をするだけなので、そこまで大変ではないと思います。

 

だから、短い返金期間ですが、大きなデメリットではありません。

 

それよりも前に、株リッチプロジェクト指定銘柄なので、
やっていれば何かしらの結果が出るはずですからね。

 

 

\初回限定で特典が付いてくる!/

株リッチプロジェクトはこちら

株リッチプロジェクトは初心者でも稼げると評判がいい株投資の教材ですが、 はたしてどれくらい稼ぐことができるのか? 実践して、その再現性はあるのか? 誰でも可能なのか? そのあたりの気になることを徹底的に検証してみました! まずはここから読んで、あなたの目で判断してみてください。 円安とは、他国の通貨より円の価値のほうが相対的に下落していることなのです。 一般的に、円安になると株が上がりやすくなっています。 主に輸入産業の場合には輸入にかかるコストがあがってしまい収益減となりますが、逆に、輸出企業の業績は伸びます。自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、その結果、業績があがり、株リッチ価が上昇するのです。株のはじめ立ての人から上級者まで絶対確認しなきゃいけない数値が日経平均というものなのです。 日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日本代表の全225社の株リッチ価を平均した数値です。 はじめて間もない人でも毎日のようにつづけて日経平均を確認することで、株リッチ価の大きいトレンドが掌握できるようになってくるのです。株投資をする会社員は職場で勤務している時は相場をチェックすることはできないので、基本としてデイトレードのようなことはできないものです。なので、沢山のサラリーマンの投資家立ちは決算書を思う存分読んで、割安株リッチを探し出し、投資しているみたいです。株リッチのデイトレードの際短期間で大もうけができる人は確かに存在するのです。 デイトレードは、注文した株リッチを持越さずにその日以内に、手仕舞いしてしまうやり方なので、予想外に株リッチ価が下がることも少なく、リスク管理がしやすいでしょう。 上昇や下落の幅を時系列にまとめて確認するものとしてチャートを活用している投資家はまあまあの数になります。 例えば、長く上髭が伸びてきている場合、その株リッチのローソク足はその後は下がるのではないかと見て取ることができますし、ローソク足は、いつ売買したら良いかを決める材料になります。 皆沿うだと考えるのですが、私は株に着手したころ、新米でチャートの見方がわかりませんでした。 現在も完璧にわかるという理由ではないのですが、「おそらくこうだろう」という見方があり、それなりに使えていると思います。 それでも、今で持たまに誤ってしまう時もあります。 投資のビギナーが株リッチをはじめたいと思った場合は、なるべくリスクが少ない資産運用の方法を選択する必要があります。いきなり個別の株に投資するよりも、最初は教材などから運用を開始してみるのがよいかも知れません。 その次に、少し取引の仕組みなどが分かってきてから実際に株式投資を開始するとよいでしょう。株リッチの初心者の弱点は、ずばり損切りだといえます。 ついつい上がると信じたくて、手放さない事が多いのです。 または、損することを畏れて、さらに損失を広げてしまうケースがあります。 絶対とか100%ということはありえないので、損失を最小限で済ませる事も株リッチ投資においてはとても重要な事です。信用取引というのは現物株や現金を担保として資金以上の取引が可能なことと、空売りが可能なことが大きな特徴なのです。 特に空売りは下落相場だと大きい力を発揮し、上手に利用すれば相場が上がっても下がっても儲かる武器となります。一方、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金管理をきちんとする必要があるのです。私の持っている株リッチがここ最近、激しく上がり下がりしていますので、儲かり沿うな株の銘柄、下がり沿うな株の銘柄を自分自身で判断し、売買をしております。 ごくたまに失敗して、マイナスになることもある為すが、現在のところはなんとか収支がプラスになっています。このままプラスで売り抜けることが出来たらありがたいです。 株式投資は非常に魅力的な投資の手段の一つです。 証券会社の人間から相談に乗ってもらったり、株をやっている知人に話しを聴くなどして、株式の買い方を教わると良いでしょう。 また、デモトレードの力を借りて、修練してみるのもいいかもしれません。 株取引では、株式チャートを参考に売買の判断を行う手法が存在しています。その中のひとつの方法が、押し目買いといわれる手法になります。 検証が移動平均線と接する値を底値だと考えて、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いというものです。これまでの経験からいって、これから検証が上昇する傾向が強まるポイントといえるでしょう。 株を初めたばかりの人は売り払うときを逸してしまいがちです。 誰しもが人間、欲望がありますので、「アトちょっと高くなってから」なんて考えているうちに、株の値段が下落してしまいます。 利益を確定しなければ利益にはならないことを忘れずにおいて自分に合った株の売り方を検討してみると利益が出る上手い方法が見つかるかもしれません。 私は、とある株式会社が株主に与える優待制度が受け取りたいために株リッチプロジェクトを初めた初心者です。 いよいよ最近、株式の売買をするのが嬉しくなってきました。 企業が株主に与える優待制度も様々あって、その会社のサービスが利用できたり、買い物では割引き価格で購入できるので、どの銘柄を買おうか迷ってしまいます。株を初めたばかりの方でも利益を出せる効果が高い方法は、急いで動かないことです。気になっていた銘柄が急騰しているといって慌てて買い付けするとほとんどは高値掴みになってしまうのです。 どうして高騰しているのだろうか、急激に高値になりすぎなのではないかと買い付けるときには一度冷静に検討をし直してから行動するようにして下さい。株投資をやっている会社員は職場で勤務している時は相場をチェックすることはできないので、基本的にはデイトレードのようなものは無理です。 ですから、たくさんのサラリーマン投資家らは決算書というものを読み込んで、割安株を見つけ出し、投資しているとのことです。 株の新米から投資資金は幾らぐらいで開始できるのかときかれれば、自分は最低100万円ほどは用意しないと、株式投資を開始することはきついと思います。 どうしてかというと、この程度の低位株があれば株式上場されている多くの銘柄の中から目についた投資先をセレクションすることができるからです。 株リッチプロジェクトをした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを加味した上で、特典をすることになります。 ただ、トレードを利用した時に限り、以上のような税務に関する計算は金融機関が代行してくれますし、特典が不要になることも多いです。 このため、株を初めたばかりの方にとってとりわけお勧めです。株リッチプロジェクトの初心者はどの銘柄を購入すればよいのかわからないので、株式雑誌にのっているようなお勧め銘柄の中から上がり沿うな銘柄を選んで低位株を投入します。 こういった経験を繰り返して、徐々に知っている会社の数を増やす事で、自分で良いと思える銘柄を発掘できるようになることですよね。 株式投資の初心者の方が、いざ決算書を読もうとしても、書いてある内容が全然わからないでしょう。 けれども、不安にならなくても大丈夫です。株を長く持たず、短期売買に決めれば決算書の内容とは関係なく利益を出すことができるからです。 株リッチプロジェクト初心者にどうしても覚えて欲しい言葉にキャピタルゲインと更にインカムゲインがあります。株式で利益を上げるにはこの二個の言葉を覚えておいてちょーだい。 キャピタルゲインは商材で発生する粗利益のことです。 一例としては、1万円で買った株式を2万円で売り渡せば、1万円の儲けがキャピタルゲインになるのです。 株の初心者が初めから難しい売買をすることは避けるべきです。たとえばの話、株では空売りをして利益を得るやり方があります。 空売りとは、売りから初める信用取引の事を言います。空売りだったら、株価が下落した場合でも利益を得られるのです。しかし、危険性もあるので、空売りは株の売買に十分なじんでから行うべきといえるのです。 株リッチプロジェクトの新人から投資低位株はいくらぐらいで始められるのかと聴かれたら、私は最低100万円くらいは準備しないと、株リッチプロジェクトにとりかかることはハードだと思います。その裏付けは、このくらいのお金があれば株式上場されている多くの銘柄の中から惚れ込んだ投資先を選り抜くことができるからです。株取引に慣れていないのなら特典への備えとして、源泉徴収ありのトレードを取引口座として開設することを推奨します。 面倒な特典の作業やわからないことを調べる時間を短くして、換りに、株式投資のための情報を集めて理解することに時間を割くことができるからです。 株式を売却したことにより、利益となった場合の税金は申告分離課税が原則となるのですが、証券会社にて開設したトレードによる取引の場合はその人に代わり、その都度、20%の税金を源泉徴収してくれるのです。特典による手間が省ける手軽な仕組みですが、損失繰越などをする場合は特典が必要となります。株の収益は、株価が変動したことで生じた利益と、配当によって会社からもらえる金銭という利益の二つがあります。 検証の変動の予想は難しいと考えているような初心者の方は、検証が落ち着いた状態になっている一定の配当を毎期支払う会社の株を購入することで、配当での定期的な収入を得るのも良い投資の一つと思われます。株式への投資において、時間が確保できるのは重要なポイントです。日本最大の株取引市場である東証が開いている時間は開始はAM9時、しゅうりょうはPM3時までですので、更に良い値段で株を売買するためにはこの時間に、時間を確保できることが望ましいのです。この点、主婦の方というのは、新米であっても有利な立場で株式への投資が可能といえるでしょう。 株式を購入する際には、一定数量必要な株式ではなく、ミニ株に投資する手段もありますね。単元株では、投低位株額が高すぎて買うことができない株式を手に入れたい時には、ミニ株でぽつぽつと入手することによって、一回に大金を準備しなくても求める銘柄を購入出来ます。株の初心者が最初から難しい売買をすることは辞めた方が良いです。たとえば、株では空売りして利益を得るやり方があります。 空売りというのは、売りから始める信用取引です。空売りなら検証が下落した際にも利益を得られるのです。でも、危険性もあるので、空売りは株の売買が十分つかめるようになってからするべきでしょう。株のデイトレードにおいて少しの期間に大もうけできる人は確かに存在します。デイトレードとは、買った株を持越さずにその日のうちに、手仕舞いしてしまう方法なので、予想できないほどに検証が落ちてしまうことも少なく、リスクの管理しやすいと思います。 株を所持している場合、自身の低位株に対しての利回りを意識するんじゃないかと思います。銀行に預けていたとしても大して利息がつくことのない現在では、国債や投資信託、定期預金や債券といったものにくらべ、利回りが良いものでなくては何のために投資しているのかわかりません。 きちんと利回りを意識しながら投資を行なうのが重要です。株取引では株式チャートを参考にして売買するかどうかを判断する手法が存在しています。 そして、そのうちの1つの方法が押し目買いという名で知られている方法です。 検証が移動平均線と接する値を底値と判断し、その底値近くに数字が来たら、株を購入するというのが押し目買いという手法です。 これまでの経験をふまえて、今後、検証が上昇していく傾向が強まるポイントだといえます。 信用取引というのは現物株や現金を担保として低位株以上の取引や空売りができることが大きな特性といえます。特に空売りというのは、下落相場において大きな力を発揮し、上手に利用できれば上げ相場の場合でも下げ相場の場合でも稼げる武器となるのです。しかし、低位株以上の取引は借金と同じなので、初心者の方は低位株管理を慎重にすることが重要です。株リッチプロジェクトは非常に魅力的な投資のやり口のひとつです。だけれど、株の売買には多種多彩な危険も持っています。 株の主なあやうさとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。